スポーツ

【バスケ】自分達でチームづくりしやすい戦術と練習方法を紹介!①

ご視聴いただき本当にありがとうございます!

今回は夏休み特別企画ということで
バスケの未経験者のコーチや顧問の先生、選手だけでチームづくりがわかりやすくできる戦術とそれを実現するための練習方法をお話ししています!

バスケットボールの戦術は本当にたくさんありますが
今回は一番簡単、わかりやすくそして選手たちがレベルアップしていけるようなものを紹介しています。

まず夏休みにチームとしてレベルアップするためには
基礎体力作り
筋力アップ
バスケの基礎技術向上
そして
戦術を理解して共通認識をしっかりと持つこと
になります!

全部自由に動いていいよ
というのが実は一番難しくて単純な決め事を作るとチームとして動きやすくなってきます!
それを共通認識としてもっておきましょう!
今回は一番単純なカットを利用した5OUTを説明していきます!

カットはゴールに対して動いていくことで
周りの人が攻めやすくするため
自分が攻め込むため
ボールを受け取れない時に動きを出すため
にも有効です!

カットとするタイミングは
パスした後
ボールがもらえない時
同じ場所にずっといる時


5OUTは色々な攻め方がありますが
まずは一番単純なカットを利用したものにして
きちんと良い点、悪い点も理解しておきましょう!!

33回視聴
2ヵ月前

共有

https://goody-tv.online/movie/play/2024/
##__posterName__##

##__posterComment__##

##__replyPosterName__##

##__replyPosterComment__##

その他おすすめスポーツ動画

このチャンネルの動画一覧

ご視聴いただき本当にありがとうございます! 今回は夏休み特別企画ということで バスケの未経験者のコーチや顧問の先生、選手だけでチームづくりがわかりやすくできる戦術とそれを実現するための練習方法をお話ししています! バスケットボールの戦術は本当にたくさんありますが 今回は一番簡単、わかりやすくそして選手たちがレベルアップしていけるようなものを紹介しています。 まず夏休みにチームとしてレベルアップするためには 基礎体力作り 筋力アップ バスケの基礎技術向上 そして 戦術を理解して共通認識をしっかりと持つこと になります! 全部自由に動いていいよ というのが実は一番難しくて単純な決め事を作るとチームとして動きやすくなってきます! それを共通認識としてもっておきましょう! 今回は一番単純なカットを利用した5OUTを説明していきます! カットはゴールに対して動いていくことで 周りの人が攻めやすくするため 自分が攻め込むため ボールを受け取れない時に動きを出すため にも有効です! カットとするタイミングは パスした後 ボールがもらえない時 同じ場所にずっといる時 5OUTは色々な攻め方がありますが まずは一番単純なカットを利用したものにして きちんと良い点、悪い点も理解しておきましょう!!

バスケットボール(バスケ)の基本としてドリブルはとても大事な技術になります! 上手い選手はまるで手にボールが手に吸い付いているようなドリブルをしています!! NBAやBleagueのプロバスケ選手のように自由自在にドリブルをコントロールするにはコツがあります! 今回の動画ではそのコツを掴むための家でできるボールハンドリングメニューを紹介していきます! たしかにドリブルが上手くなるためにはドリブルすることが1番良いですが ドリブルできない環境や家でもこっそりうまくなりたいという人は是非この練習を自主練習などで取り入れてどんどん上達してライバル、仲間をびっくりさせてしまいましょう! 今回紹介する家で行えるボールハンドリングは ボールスウィングになります!! 動画では3パターン紹介しています! どのメニューを行うときも ・足幅は広めに設定(基本姿勢) ・手はボールの斜め上または横を触る ・手や腕はリラックスした状態で行う そして1番大切でドリブルのコツとして掴んで欲しいことは ボールの勢い、チカラ、動きを利用してボールをコントロールするということです!! 最初はチカラも入ってしまうし、なかなか上手くこのコツを掴むことは難しいと思いますが コツを掴むためにも良くなるためにも練習を行うので一緒に頑張っていきましょう!! 1.下方向をボールを動かす 2.胸の高さでボールを動かす 3.フロントちチェンジを意識してボールを動かす 今回もバスケットがより楽しくなるように一緒に頑張っていきましょう!

バスケットボール(バスケ)の練習の一つとしてボールハンドリングというものがあります。 家でドリブルなどできないときでもこっそりボールを使って練習ができるのでこっそりうまくなってしまいましょう! その中でも一番最初に行うのにとてもおすすめなハンドリングを1種目とボールをキャッチすることは初心者にはとても難しいのでキャッチングのコツがつかみやすくなるボールハンドリング1種目の合計2つの家でできるハンドリングメニューを紹介していきます! まず1つ目は片足のまわりをボールまわししていくメニューになります。 こちらのメニューを1番最初にオススメする理由は 基本姿勢を意識して練習しやすいというところにあります! 足の幅は広めに設定して足の付け根(股関節、鼠径部)を曲げてお尻を少し後ろにひいて姿勢を少し低くします。 この基本姿勢をとった状態で片方の足のまわりをボールまわししていきます。 メニューに取り組む際は左まわしを行ったら必ず右まわしを行いましょう。 そして必ず逆の足のまわりもボールまわししていきます。 2つ目のキャッチに良いボールハンドリングのメニューは ただ単純にボールを上に投げて落ちてきたボールをキャッチしていきます。 バスケットボールに対する恐怖感をなくし、キャッチの成功体験をたくさん積んでいきましょう! キャッチの際に指や手に力が入っているとボールをはじいてしまうのでリラックスしてチカラを抜いてキャッチできるようにしていきましょう。 そして慣れてきたら今度はボールが落ちてきた時に横から手をだしてもキャッチできるようにしていく。 さらにレベルアップさせるためには拍手してからキャッチなど楽しみながら工夫して練習していきましょう! 最初バスケットボール(バスケ)はじめたてや自信がないときはチームの練習に混じったり、バスケットボールスクール、教室などに通うのも少し勇気がいるかもしてませんのでこういった家でできる練習をしてどんどん上達していきましょう!! ボールハンドリングはボールに慣れるための練習や家で行う練習としてはとてもとてもいい練習です!! しかし実際にドリブルしたりシュート、パス、キャッチそのものを上達させるためにその動作、そのものの練習が必要になってきます!! 紹介したハンドリングを補助的に活用してうまくなるスピードをアップさせていきましょう!! 一緒に頑張っていきましょう!

バスケットボール(バスケ)のドリブル、パス、シュートなどすべてのことに通じる大事な基本姿勢や足幅についてだけでなく基本姿勢が取りにくいバスケ選手も本当にたくさんいるので基本姿勢が取りやすくなる家でもできるエクササイズを2つ紹介していきます! NBA選手やBleague(Bリーグ)などのプロ選手も大切にしていることです! オフェンス(攻め)をしている時得点を取るためにゴールに近づくためには ディフェンス(守り)をどかしてからかかわしてからでないとゴール方向に攻め込みにいくことはできないですよね! それをしやすくするためには体重移動(シフティング、シフト)をしやすく足の幅を思ったよりも広めに設定することが大切になってきます。 自主練習やチーム練習、練習の時でもこの足の幅を意識して基本姿勢をセッティングしていきます! そして基本姿勢は膝は軽く曲げた状態で股関節、鼠径部を曲げてお尻を少し後ろに引いていきます。 自分の動きやすい高さを設定して行きましょう!! 私はバスケットボールスクール(バスケスクール)も行っていたり、チームからや個人の依頼を受けて指導に行かせていただいたりもするので本当にたくさんのバスケ選手を見てきています! 基本姿勢がわかっていても股関節、鼠径部を曲げて姿勢をとることがうまくできない選手が本当にたくさんいます。 そこでこの動画では大事な基本姿勢をとりやすくなることができる家でもできるエクササイズを2つ紹介していきます!! 1つ目は膝立ちで股関節をたたんでいくエクササイズ(トレーニング) ・足幅は腰幅かそれより少し広めで膝立ち ・手刀をつくり股関節にセットし、股関節を曲げてお尻を後ろにさげて手刀をもも前とお腹ではさむ ・胸を広げた状態で行う ・立ち上がるときはお尻の力で 2つ目は立っている状態で股関節をたたむグッドモーニングと言われるエクササイズ(トレーニング) ・足の幅は腰幅 ・手刀をつくり股関節にセットし、股関節を曲げてお尻を後ろにさげて手刀をもも前とお腹ではさむ ・胸を広げた状態で行う ・立ち上がるときはお尻の力で ・膝とスネの向き、角度は変わらないで股関節で行う バスケットボール(バスケ)のすべてに通じる大事な基本姿勢を自然にとれるように 家でできる簡単エクササイズ(トレーニング)でこっそりうまくなってしまいましょう!!