スポーツ

アスリート大学

チャンネル登録者数 10人

アスリート大学がお届けする番組では、オリンピックやパラリンピックなどの日本代表選手やプロスポーツ選手の"思考とノウハウ"を配信しています。

野球やサッカー、テニス、バスケットなど各ジャンルのトップアスリートたちが、どのようなトレーニングを行うことで体幹を鍛えてフィジカル強化をするのか、また、競技のパフォーマンスが向上するかなど、本動画サイトGoodyTVで語り尽くします!

■プロを目指している人
■レギュラー入りができなくて悩んでいる
■どんなトレーニングがいいのか?

と気になっているのならば、是非ともご覧ください。

なかなか聴けないトップアスリートのこだわりトレーニング方法や思考方法についても、アスリート大学理事長の菊池昌太をはじめ、頼もしいパーソナリティのメンバーが深掘りインタビューをしています。

【トップアスリートの思考とノウハウはGoody!TVで!】
ここでしか知ることのできない、オリンピックやパラリンピックなどの日本代表選手やプロスポーツ選手の”思考とノウハウ"を今すぐにチェックしてみてください!

Nishikawa

アスリート大学チャンネルをご覧いただきまして、ありがとうございます。

アスリート大学の理事長・菊池昌太は野球の元日本代表選手であり、オリンピック、パラリンピックの出場選手のパフォーマンス向上のプロデューサーとしても活躍しています。

サポートしている競技は多岐に渡り、Jリーガー、バスケットボール、陸上、卓球、ボクシング、フェンシング選手など様々なジャンルの選手のパフォーマンス向上と、結果に貢献してきました。

そして今回、アスリート大学理事長の菊池昌太を中心に頼もしいパーソナリティーのメンバーと共に、将来プロスポーツ選手を目指す子どもたちや、すでに活躍しているアスリートの一助になれればと思い、

スポーツ教育をテーマとして野球やサッカー、テニス、バスケットボールといった様々な競技種目のトップアスリートたちから【プロで通用する思考とノウハウ】を伺い、アスリート大学チャンネルをGoody!TVより配信させていただくこととなりました。

そしてこの文面を執筆し、番組のクリエイト部分を担当しているのが、わたくし西川です。

私個人はアスリートとは程遠く、ぽっこりお腹が出ている中年男性(40代)です。

が、、、

最近では、トップアスリートに刺激を受けて少しずつ体幹トレーニングをしたり、ダイエットをするようになりました。

特に下半身の筋肉が少ないので、まずは自重トレーニングから取り組んで筋肉を増やして代謝を上げていきたいと思ってます。

このようなメンバーで楽しく和気藹々としながらも、鋭い角度からトップアスリートがなかなか表では語らない極秘トレーニングなどについて語ってもらった内容を配信していますので、是非ともこらからもご視聴いただければ幸いです!

掲載動画一覧

今回のアスリート大学ではデフバスケットボールの上田頼飛監督が明かす ■バスケ日本代表選手に選ばれる秘訣 ■NBAでも通用するフィジカルを手に入れる方法 ■バスケが上手くなる大切な考え方 などなど ・バスケがもっと上手くなりたい ・日本代表選手に選ばれたり、インターハイで活躍したい ・NBAや世界で通用するバスケットボール選手になりたい という人向けに、デフバスケットボールの上田頼飛監督が実際にバスケ練習メニューに取り入れているバスケが上手くなる方法や、ハンドリングやリバウンド、フリースローの技術を上達させるのに大切なことを赤裸々に語っていただきます。 【上田頼飛 監督】 デフバスケットボール 【 実績 】 JAPAN COACHES AWARD 「年間優秀監督賞」 U21デフバスケットボール世界選手権「銀メダル」 アジア太平洋デフバスケットボール選手権「金メダル」 ユーラシア大陸デフバスケットボール大会「金メダル」 デフバスケットボール男子日本代表HC ONELYS和歌山:球団代表&HC 認定NPO NPO法人one-s future:理事長 真言宗僧侶 ランポーレ三重:GM&HC RD-TSV四日市.EXE:GM&HC 誠familyDBBC:HC 新撰組BBC:HC この動画を見終わった頃には、バスケが上手くなる方法を知ることができるので、明日からバスケ練習メニューに取り入れることで日本代表レベルの技術を磨くことができるようになります。 是非とも、今すぐに動画サイトGoody!TVのアスリート大学チャンネルでご視聴してみてください!

今回のアスリート大学ではパラリンピック元日本代表コーチ塩家吹雪さんが運営するシオヤレクリエーションクラブをご紹介。 ■個性を活かせるイキイキ活動 ■障がい者と健常者が一緒に楽しめる場所 ■障害を持った子どもたちが元気にスポーツできる場所 などなど 障害者と健常者の隔たりがなく、一緒にスポーツを楽しみながら切磋琢磨できるスポーツクラブ「シオヤレクリエーションクラブ」の活動内容をご紹介します。 オリンピック・パラリンピックを目指して頑張りたいという選手も、このクラブなら楽しく実力を伸ばすことができます。 【塩家吹雪】 2001年 IAAFエドモントン世界陸上 全盲クラス100m伴走 銅メダル獲得 2004年 アテネパラリンピック 全盲クラス100m伴走 8位入賞 2007年 IBSAサンパウロ世界陸上 視覚障がいクラス4×400mR伴走 銅メダル獲得 2009年 アジアユースパラゲームズ(東京)大会 日本代表コーチ就任 2010年 アジアパラゲームズ(広州)大会 日本代表コーチ就任 2011年 IBSAアンタルヤ世界陸上選手権 日本代表監督就任 2012年 ロンドンパラリンピック 日本代表コーチ就任 2013年 アジアユースパラゲームズ(クアラルンプール)大会 日本代表ヘッドコーチ就任 2016年 リオデジャネイロパラリンピック 文部科学大臣 スポーツ功労賞(指導者)受賞 2016年 リオデジャネイロパラリンピック 文部科学大臣 スポーツ功労賞(支援団体)受賞 2016年 一般社団法人茗渓会(社会貢献活動団体) 第15回茗渓会賞受賞 2018年 アジアパラゲームズ(ジャカルタ)大会 日本代表コーチ就任 是非とも、今すぐに動画サイトGoody!TVのアスリート大学チャンネルでご視聴してみてください!

今回のアスリート大学ではフィギュアスケート関東ブロック優勝・全日本選手権9位の鈴木春奈選手が明かす ■フィギュアスケートで応援されるコツ ■フィギュアスケートを引退してから学んだこと ■滑りの綺麗さとは などなど ・全日本選手権で活躍したい ・エキシビジョンやフリーで楽しく滑りたい ・いろいろなジャンプの種類を飛べるようになりたい という人向けに、フィギュアスケート関東ブロック優勝・全日本選手権9位の鈴木春奈選手が実際に取り組んできたジャンプの練習方法や、全日本選手権出場の時に観客や審査員から応援されるために行っていた事について、ブログなどでは公開していない内容をお話しします。 【鈴木春奈 選手】 フィギュアスケート 関東ブロック 優勝 東日本選手権 2位 全日本Jr. 4位 全日本選手権 9位 Jr.グランプリシリーズオーストラリア大会 6位 ゴールデンスピン クロアチア大会 2位 この動画を見終わった頃には、どのようなトレーニングやジャンプの練習をすればフィギュアスケートが上手になって全日本選手権でも活躍できるようになるのかが分かります。 是非とも、今すぐに動画サイトGoody!TVのアスリート大学チャンネルでご視聴してみてください!

コミュニティ

##__posterName__##

##__posterComment__##

##__replyPosterName__##

##__replyPosterComment__##