料理・レシピ

あっ! 妄想グルメだ! MosoGourmet on Goody!TV

チャンネル登録者数 8人

日本のごく普通の一般家庭による日常系ファミリーチャンネルとして、2009年にYouTubeに動画の投稿をスタート。
娘のために母が作ったキャラ弁の動画が海外で人気になり、娘や息子たちも動画投稿に協力するようになる。
その様子は「YouTubeドキュメンタリー 妄想グルメ https://youtu.be/KAbnsWxXoh8 」で見ることができる。

トークがないので言葉の壁がなく、その場のリアルな音が入っているということで、音好きのファンも多い。
「落ち着く」「癒やされる」「リラックスできる」「寝る前に見ている」「ASMRの前からASMR」というコメントも。

🏆YouTube NextUp 2012 受賞🎊

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
妄想グルメ MosoGourmet 主な出演番組・著作など
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・テレビ
テレビ東京「世界1億回!!再生動画 ベスト354ぜんぶ見る 」
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト WBS特集「企業が素人に広告依頼 ユーチューバーとは」
NHK クローズアップ現代「収入源は動画投稿~急増 アマチュア映像作家~」
NHK 特報首都圏「“心”伝える弁当」

・ラジオ
J-WAVE TOKYO MORNING RADIO(ナビゲーター:別所哲也)MORNING INSIGHT

・書籍
YouTubeは僕たち家族の日常をお金に換えてくれました 「動画投稿」という生き方・働き方 (徳間書店)
YouTubeで成功する極意(玄光社)
あっ! 妄想グルメだ! なにコレ!?と見て食べて驚くレシピ(KADOKAWA/メディアファクトリー)

・雑誌
女性セブン (小学館)カラー実用「大人が楽しむYouTube道」
日経ビジネス 「巨大動画経済圏 ユーチューブで稼げ!始まった“スター”争奪戦」
AERA アエラ「年収1千万円超も目指せるユーチューバー」

・Webメディア
Conobieコノビー(NTT DOCOMO)「夫が会社を辞めて...YouTubeクリエイター夫婦 妄想グルメ にみる、新しい夫婦の形」
NEWSポストセブン(小学館)「人気YouTuber明かす家族5人暮らせるまで稼ぐ動画制作のコツ」
NEWSポストセブン(小学館)「日常動画の投稿で家計成立 バブル世代に勧める新しい働き方」
J-CASTニュース 経済「ユーチューブの動画投稿で生活する人 広告掲載で稼ぎ、会社辞める例も」
日経トレンディネット トレンド・フォーカス「英語、SNS活用、コメントへの返信がコツ、YouTubeで生計を立てる人たち」
ITmedia ニュース「YouTube広告で暮らす5人家族、mosogourmetさんの“日常”」

・海外
TODAY | These YouTube stars are going viral.
HUFFINGTONPOST | TASTE “The Top 10 Food Videos Of The Year Are Really Weird, Guys (VIDEOS)”

#妄想グルメ #レシピ動画

妄想グルメ MosoGourmet

ストレスの多い時代のメンタルヘルスを意識して、見て楽しめる動画を選んで投稿していきたいと思っています。

よろしくお願いします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
妄想グルメ MosoGourmet【公式】SNSのご紹介
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Twitter:https://twitter.com/mosogourmet/
Instagram:https://www.instagram.com/mosogourmetyt/
Facebook :https://www.facebook.com/mosogourmet/

掲載動画一覧

手軽に電子レンジで生地を作れる桃山のレシピです。型に押し付けて成形するのもよいけれど、まん丸もかわいいです。秋になるとこういうのが食べたくなります。 *レシピ*(9個分) チョコレート餡を作ります 1.刻んだチョコレート 21gを白あん120gに入れる。 2.600wの電子レンジで40秒加熱する。 3.混ぜ、チョコレートを溶かす。 4.ココアパウダー 小さじ 1と1/2をふるい入れ、混ぜる。 (このレシピですと30gほど余ります。) 外側の生地を作ります 5.白あん120gに卵黄 8gと上新粉 7gを加え混ぜる。 6.600wの電子レンジで50秒加熱する。 7.冷ます。冷めると少し乾燥する。べとついて扱いづらいときは上新粉を少量足して調整する。 8.チョコ餡を1個あたり12g、外側の生地は9等分(1個あたり14g)に分ける。 9.生地でチョコ餡を包む。まん丸のままもかわいいが、お好みの型に押し付けてもよい。 今回の型は1個あたり17mlのものを使いました。 10.(5)の残りの卵黄を少量のみりんでのばし、表面に塗る。塗らなくても良い。 11.200℃に予熱したオーブンで9分焼く。チョコ餡が余ったので丸めて一緒に焼きました。 12.できあがり。 粗熱が取れたら密閉容器に入れる。半日後くらい経過すると、しっとりとした食感になります。

いちじくの季節到来。 3、4人前を想定して作りました。 あまりの美味しさに即完食。 いちじくの美味しさが存分に味わえるデザートになりました。 クッキーでグラスの途中に層を作り、空中に浮かんでいるようにしましたが、シロップを吸ったクッキーは2時間ほどで崩落。 わかってはいましたがやってみたかったのです。 それにしてもいちじくの断面はきれい過ぎることを再認識いたしました。 *レシピ*(グラス 3・4個分) シロップを作ります 1.いちじく 3個(210g)の皮を剥き、切る。 2.グラニュー糖 10g、レモン汁 5g、キルシュワッサー 小さじ 1/2を入れピューレにする。 3.(2)から85g取り分ける。 4.いちじく 1個を食べやすい大きさに切り、(3)の残りに入れ混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。 ムースを作ります 5.卵白 1個分にグラニュー糖 30gを入れ泡立てメレンゲを作る。 6.ギリシャヨーグルト 200gに(5)を入れ混ぜる。 7.グラスにビスケットを入れ、(3)を入れる。 8.(6)を入れる。 9.適当に割ったクッキーを(3)に絡め入れる。 10.(3)のシロップが残ったら外から見える位置に入れる。 11.(6)を入れる。 12.冷蔵庫で冷やす。 13.(4)を入れ、切った いちじく 1個でデコする。 14.できあがり。いちじくをそのまま食べるより好きです。

電子レンジで簡単に作れる濃厚なバナナ餡が入ったバナナの和菓子です。翌日は生地と餡がしっとりと馴染んでまた良き良きです。 *レシピ*(5個分) バナナ餡を作ります 1.バナナ 75gを潰す。 2.レモン汁 8g、グラニュー糖 20gを入れ混ぜる。 3.強力粉 20g、コーンスターチ 5gをふるい入れ、混ぜる。 4.ふんわりラップをかけ、600wの電子レンジで30秒ずつ様子を見ながら加熱し(30秒で3回加熱しました)、その都度混ぜる。まとまるかたさになったら、無塩バター 10gを入れ混ぜる。 5.冷ましておく。 外側の生地を作ります 6.白あん120gに卵黄 8gと上新粉(米粉) 8gを加え混ぜる。 7.600wの電子レンジで50秒加熱する。 8.ひと混ぜし、冷ます。冷めると少し乾燥する。べとついて扱いづらいときは上新粉を1g足して調整する。 9.バナナ餡と外側の生地をそれぞれ5等分(それぞれ1個あたり25g)に分ける。 10.生地でバナナ餡を包む。 11.(6)の残りの卵黄を少量のみりんでのばし、表面に塗る。バナナっぽく塗ると良い。これが難しい。 12.200℃に予熱したオーブンで9分焼く。 13.できあがり。 できたても美味しいですが、冷蔵庫で冷やすと生地と餡が一体化するので、翌日以降が濃厚でおすすめです。

キウイフルーツをいっぱい詰め込んだアスピックを作りました。加熱しコンポートっぽく、少し柔らかくなったキウイフルーツを型いっぱいに入れた涼やかなゼリー寄せです。かわいいキウイフルーツの断面萌えを楽しめるデザートになりました。 *レシピ*(5.5✕27✕h4センチのパウンド型・満水量 600ml程) 1.キウイフルーツの皮をむき、縦方向に4等分する。 2.耐熱ボウルにお好みのフルーツジュース 200mlと砂糖 25gを入れ、600wの電子レンジで2分30秒ほど加熱し砂糖を溶かす。 3.(1)を入れざっと混ぜ、電子レンジで1分加熱する。(1分30秒加熱したらグリーンのキュウイフルーツが一部変色してしまいました) 4.キウイフルーツを取り出し、粉寒天 小さじ 1(2.5g)を振り入れ混ぜる。 5.電子レンジで加熱する。沸騰してから1分程度加熱する。全部で3分程度加熱ました。 6.ひと混ぜしてから常温のフルーツジュース 50mlを入れ混ぜる。 7.種などが気になるようなら濾す。粗熱を取る。 8.型にラップを敷き込み、(4)のキウイフルーツを詰める。 8.(7)を流し込み、冷やす。 9.そっと取り出し、そっと切り分ける。きれいだな。 最初はゼラチンゼリー液(フルーツジュースに対して5%の割合の粉ゼラチン)で作ろうとしたのですが、加熱したにもかかわらず、大量のキウイフルーツの酵素にゼラチンが負けてしまい固まらず失敗!セオリー通り粉寒天で作り直しました。 粉寒天を鍋ではなく電子レンジで加熱して作ることを初めて試みましたが、きちんと加熱すればできました。 それにしても、酵素強い。タンパク質を溶かします。一度は失敗したけど実験みたいで楽しかったです。

夏にピッタリなハッカ油を入れた琥珀糖を作りました。夏場、特に湿度の高い梅雨の時期は乾燥しにくく、琥珀糖を作るのに向かない季節と言われますが、エアコンの力を借りたら、ちゃんと乾燥してくれました。これ、チョコをつけたらチョコミント琥珀糖になってチョコミン党も大満足。 *レシピ* 1.きれいに洗った牛乳パックに緑と青のかき氷シロップを入れ準備する。緑 2ml、青 1ml。 2.鍋に水 200gと粉寒天 5gを入れ混ぜる。 3.火にかけ沸騰したら、弱火で2分ほど煮溶かす。 4.グラニュー糖 330gを入れ、沸騰したら焦がさないように混ぜながら煮詰める。 5.寒天液をヘラで持ち上げた時に、糸が引くようになる程度まで煮詰める。沸騰してから7〜8分程度加熱しました。 6.ハッカ油を数滴入れる。今回4滴。適量で。 7.(1)の牛乳パックに網で濾しながら2/3程度流し入れる。 8.残りの寒天液に緑のかき氷シロップを入れ混ぜる。緑 2ml。寒天液が薄まってしまうので、かき氷シロップは合わせて小さじ 1 以内までにする。 9.(8)を(7)の牛乳パックに流し入れる。 10.2時間ほど冷蔵庫で冷やし、しっかり固める。 11.牛乳パックを切り開き、琥珀糖を取り出す。 12.切り分ける。きれいに真っ直ぐ切るのが難しい。 13.オーブンシートの上に並べ、時々ひっくり返しながら乾燥させる。 14.できあがり。シャリッとモチッと感を楽しんでいただきます。 撮影時で乾燥を始めてから18時間程度経過しています。もっと時間が経つと外側の結晶が厚くなりジャリジャリ感が増します。

カラフルな色でかわいくなるはずが、色が溶け出しちゃって、ちょっと不気味なグミに。。。カプセル剤のきれいな透明部分を大事にしたかったので、ゼラチンではなくアガーで作ったら、クセが出ないので味が良い!でも、アガーの量を増やしてもゼラチンみたいに固くならなくて、グミっていうにはもの足りない食感になっちゃったのは残念ポイントです。 *レシピ*(カプセル剤 6錠分) 1.カラーミンツなどを好みの組み合わせでコーディネートしておく。今回は、カラフルな色付きのラムネを用意しました。 2.耐熱容器にアガー 6g(小さじ 2)を入れ、水 大さじ1と1/2を少しづつ加えアガーを溶かす。少し溶け残りがあっても大丈夫です。 3. 好みのシロップ(今回はかき氷シロップ)大さじ1と1/2を加え、軽く混ぜる。 4.600wの電子レンジに35秒ほどかけアガーを煮溶かす。(沸騰させて大丈夫です) 固まるのが早いので、ここからはちょっと急いで作業します。 5.(4)をかき混ぜ、(1)を入れた好みの型に流し入れる。 固まってきてしまったら、電子レンジに10秒ほどかけると柔らかくなります。 6.冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。常温でも固まります。 今回、上記の分量で青(ブルーハワイシロップ)グミを1回分、透明(みぞれシロップ)グミを3回分、赤(スイカシロップ)を1回分で作りました。

スイカの「べこもち」を作りました。「べこもち」は北海道や東北地方で食べられるお菓子だそうで、家庭で作るお菓子なんだとか。素朴な味わいで、長野県うまれの妄想グルメ(母)もどんど焼きを思い出して、なんだか懐かしい気持ちになりました。で、なんでスイカなの?といえばやってみたかったからです。種に見立てた黒ごまがシンプルなお餅にとっても合いました。 *レシピ*(手のひらサイズのスイカ 1個分) 1.だんご粉 110gと上白糖 45gを混ぜ合わせる。 2.熱湯 55gを入れ、混ぜる。 3.手でこね、ひとまとめにする。 4.80g、60g、60gに分ける。乾燥しないよう こまめにラップをかけておく。 5.80gを赤、60gの1つを緑に食用色素で着色する。 6.赤を丸める。 7.白を丸く伸ばし(6)を包む。 8.緑を丸く伸ばし(7)を包む。 9.8等分に切り分ける。 10.黒ゴマの種をつける。竹串にちょこっと水を付けてからゴマを取るとやりやすい。 11.緑の食用色素を濃い目に水で溶き、筆でスイカの線を描く。 12.15分ほど蒸す。 13.できあがり。蒸したての柔らかいうちにどうぞ。 食用着色料はジェルのものを使いました。赤は楊枝で2回、緑は1回で着色しています。 位置を決め、そこを中心にして包むようにすると生地の厚みが同じ調子に仕上がると思います。生地が重なりすぎた時には、厚い部分を取り除き、麺棒で伸ばしてから生地のない部分に継ぎ足す、というやり方が良いなと作ってみて思いました。 切り分ける時は厚みが同じ調子の部分が出るように切るとキレイにできます。 スイカの線を描き、しっかり乾燥させてから切り分けてもよいです。

コミュニティ

##__posterName__##

##__posterComment__##

##__replyPosterName__##

##__replyPosterComment__##